【老猫と子猫】食事のペースが違うと管理が大変です

2015年11月27日

老猫と子猫の食事のペースが違う

老猫ララの場合

餌を与えても一度に食べきらずに何度かに分けて食べるタイプ。

いわゆる「ちょこちょこ食い」

子猫ココの場合

餌を与えると、とにかく一気食い!与えれば与えるだけ全部食べ切るタイプ。

いわゆる「一気食いタイプ」

 

 

このように食のペースが違うといろいろと問題が起こるのです。

  1. 老猫ララが残した餌を子猫が食べてしまう
  2. 老猫ララが残した餌を食べようとした時にはもう無くなっている
  3. 子猫ココが食べ過ぎになる
  4. 老猫が食べたい時に食べれない

しかも、老猫と子猫はそれぞれ違う餌なのです。

 

 

老猫ララは15年間ずっと「ちょこちょこ食い」で生活してきました。

ところが子猫のココが来た事により、様々な面で影響がでるようになりました。

特にこの餌問題が一番難しいです。

 

 

どちらかを優先すると、どちらかが犠牲になります。

難しい問題です。。。

 

ではまた!

コメントお待ちしております。

 

-先代猫「ララ」
-

© 2021 アメキャッツblog