【老猫と子猫とウサギの異種多頭飼い】ケージで仲良くリラックス

2015年10月2日

 

老猫と子猫がうさぎのケージでリラックスしています。

老猫はうさぎのベッドで寝ているし、子猫はうさぎの水を飲んでます。

うさぎは自分のケージを猫たちに占領されても怒ったり暴れたりしません。

 

猫とウサギは同居できるの?

 

もともと老猫ララとウサギのパルは一緒に暮らしておりました。

どちらも穏やかな性格なのでお互いに威嚇したり干渉したりはせず、どちらかと言うと尊重し合いながら同居してきたという感じです。

リビングにウサギ専用の柵(ケージ)を設置しており、いつもはケージの扉を開けっぱなしにしています。

パルはたまにケージから出てリビング内を散歩する程度で、基本的にはあまりケージの外には出る事はありません。

もちろん飼い主が外出する時はケージの扉は締めます。

 

なので、ララはパルのケージに自由に入る事ができるのです。

ララは何故かパルの水を好んで飲んでおり、たまにラビットフードも食べてます(笑)

それでもパルはそんな珍客に怯えるどころか威嚇する事も無く、むしろ歓迎しているかのようです。

 

ウサギのケージが猫たちに占領されている動画はこちら

 

そんな穏やかな生活をしてきたララとパルですが、子猫のココが来たことでいろいろ問題が出てきました。

 

子猫がウサギに必要以上に絡む

 

子猫のココはまだ完全に自由の身ではありません。

基本は和室での生活で、飼い主が外出する時はケージに入れてます(脱走されますが和室からは出られません)。

そしてココを和室から出す時は飼い主が監視するようにしています。

まだまだ何をしでかすか分かりませんからね。

 

そんなココですが、とにかくパルのケージが大好きなのです(笑)

和室から解放されると一目散に駆けつけるのがパルのケージ。

ケージに登って中に入り、パルの水を飲んだりパルのおもちゃで遊んだり。

そしてパルに絡んだり。

パルと遊ぶのが面白いんだろうなぁ。

 

我慢強いパルですが、そろそろ堪忍袋がやぶれそうです。

 

子猫がウサギのケージへ侵入!の動画はこちら

 

いかがですか?

やはりウサギのケージに屋根を付けて猫が入れないようにしようか考え始めたアメママなのでした。

 

登場キャラの紹介

ララ(14歳のおばあちゃん猫)アメリカンショートヘアー

パル(6歳のおじさんウサギ)ミニウサギ

ココ(生後2ヶ月未満の女の子猫)アメリカンショートヘアー

ララとパルは長い間一緒に暮らしてきました。お互いに尊重し合い信頼関係も構築できたペアです。

そんな穏やかに暮らしてきたララとパルでしたが、子猫のココがやって来たことにより大きな変化が訪れます。

 

ではまた!

コメントお待ちしております。

 

-猫とウサギ
-

© 2021 アメキャッツblog