【老猫と子猫】狭い箱に入りたがる理由

2015年10月8日

 

子猫も老猫もとにかく狭い箱に入るのが大好き。

理由は、野生動物本能の名残りですね。

寝る時は無防備になるので身を隠せる場所を寝床にしていたからでしょう。

でも人間でもいますよね。狭い場所が好きな人。あれは何なんでしょうか(笑)

 

猫はとにかく狭い箱に入りたがる

箱が一番落ち着くわ

 

宅配便で何かが届くと、とりあえず箱は猫に与える。

これ猫飼いあるあるですね。

今まではララの分だけで良かったのですが、これからは2箱必要になります。

 

 

しかも大きさも考慮しなければなりません。

身体にちょうどフィットする大きさの箱。

ココに合うサイズが無かったんですよね。

 

じゃ〜あたちも〜

ココもちゃんと入ってくれました(笑)

 

因みにウサギのパルに箱を与えると、ボロボロにかじってしまいます。

ウサギはかじる事で前歯の成長を抑える性質なので、たまにはかじらせるアイテムを与えなければなりません。

もちろん専用の「かじり棒」はケージに設置してますよ。

 

箱で寝る猫達の様子はこちら

ご視聴ありがとうございました。

 

登場キャラの紹介

ララ(14歳のおばあちゃん猫)アメリカンショートヘアー

パル(6歳のおじさんウサギ)ミニウサギ

ココ(生後2ヶ月未満の女の子猫)アメリカンショートヘアー

ララとパルは長い間一緒に暮らしてきました。お互いに尊重し合い信頼関係も構築できたペアです。

そんな穏やかに暮らしてきたララとパルでしたが、子猫のココがやって来たことにより大きな変化が訪れます。

 

ではまた!

コメントお待ちしております。

 

-新入り子猫「ココ編」
-

© 2021 アメキャッツblog