【猫ニキビ治療】ハサミで顎の毛カット?バリカンより安全です!

2018年12月12日

 

猫ニキビ治療で顎の毛をハサミでカットしてみました。

動物用バリカンはモーター音が猫を怯えさせてしまうので、刃先が丸くなっているセーフティはさみを使うと比較的安全です。

猫の顎ニキビ治療には顎の毛を短くする事が消毒するにも薬を塗るにも大事となりますので是非参考にして下さい。

 

猫ニキビ治療!これまでの経緯

 

今回はまたまたスズの猫ニキビ治療のお話です。

今までいろいろと考えられる原因を調べては対策をとってきました。

  1. プラスチック製の食器は使わない。
  2. 穀物フリーの食事を半年間試してみた。
  3. 患部(顎)を常に清潔に保たせる。

といった感じで今は週に1回、顎を綺麗に拭いて消毒していますが、結局は未だに治っていません。

この消毒治療も結構大変で、毛が伸びてくると患部を拭いても毛の奥にある黒い粒粒が取れづらくなるし、消毒しても皮膚に届きにくくなるのです。

また病院へ連れて行ってバリカンで刈ってもらうのはスズにストレスを与える事になります

 

そんな時、YouTube視聴者さんからコメントで教えていただいたんですが、

自宅でハサミを使ってカットするという技!

最初は顎の毛をハサミでカットするなんて怖くて躊躇していたのですが。。。

 

スズ
病院のバリカンよりはマシです!
あらそう?じゃあやってみようかしら
アメママ
ココ
アタシは関係ないからご勝手に!

 

アメパパにスズの身体を押さえてもらいつつ、恐る恐るチョキチョキと。

スズは何故か顎を撫でられているような感じでうっとりとしています。

これがココだったら完全にアウト。大暴れ間違いなし。

顎ニキビ発症がスズで良かったと心から思いました。

 

慣れてくるとホントあっという間にカットできるようになります。

因みにこのハサミはアメパパが使っている髭用のセーフティハサミ。

アメパパとスズとで共用になりました(笑)

(もちろんスズが使った後は煮沸消毒してますよ)

 

猫ニキビ治療!自宅でのやり方

 

最近は月に1回位のペースでカットしています。

このように毛を短くする事で、雑菌の繁殖を抑える事ができるかもしれません。

そして黒い粒粒の除去も毛があるのと無いのでは取れ方が全然違います!

 

そしてイソジン消毒液を希釈します。

小皿に水を入れ、イソジン消毒液を1滴から2滴ほど垂らしてから混ぜ合わせます。

 

 

希釈したイソジン消毒液をコットンでたっぷりと湿らせ、毛をカットした顎を拭き拭きして終わりです。

この時にコットンに黒い粒々が付着してコットンが黒くなりますが、黒くならなくなるまで拭いてあげると良いです。

 

 

スズはカットしている時も消毒している時も大人しいので助かっていますが、暴れてしまう猫ちゃんにの場合は充分気をつけて下さいね。

 

それにしても・・・いい加減に・・・治ってほしいです。

 

顎の毛をハサミでカットしている動画はこちら

 

【まとめ】猫ニキビ治療!ハサミでカット

 

自宅でカット出来るようになった事で猫ニキビの除去と消毒作業がとても楽になりました。

暴れてしまう猫ちゃんにはおすすめできない方法ですが、大人しい猫ちゃんでしたら大丈夫ですよ。

ただし、使用するハサミは髭用などの小さなセーフティはさみがおすすめです。

そして必ず二人でやりましょう。誰かに押さえてもらう事で急に暴れだしてもリスクは低くなります。

 

注意

この内容はアメキャッツ家での治療方であり、決して強く推奨しているものではありません。

猫ニキビ治療は獣医師の指導のもと行って下さいね。

 

セーフティハサミはこちら

 

 

ではまた!

コメントお待ちしております。

 

-猫ニキビ治療
-,

© 2021 アメキャッツblog