猫に首輪は必要?メリットやリスクを検討して安全な首輪を選ぼう!

2018年11月14日

 

最近、スズの首輪がいつのまにか外れてしまうようになりました。

原因はどうやら安全装置が壊れてしまい、ちょっとした力で簡単に外れてしまうようです。

 

猫に首輪は必要?メリットやリスクを検討して安全な首輪を選ぼう!

 

セーフティ首輪(安全装置)とは

首輪の安全装置とは、何らかの突起物等に首輪が引っかかってしまい、身動きがとれなくなってしまわないように、ある程度の力で外れる装置の事です。

スズのセーフティ首輪は、生後4ヶ月の時から付けているので1年半で壊れるのは仕方ありませんね。

おそらく、後足で首元をカリカリとかいている時に、その拍子で外れてしまうんだと思われます。

 

猫に首輪を付ける理由は?

 

ところで皆様は飼い猫に首輪を

つける派?

つけない派?

 

どちらにしてもいろんな理由があると思いますが、アメキャッツ家が首輪を付けている理由は、

猫達がどこに居るのか鈴の音でだいたい解るからなのです。

 

例えば、鈴の音を聞いた時に・・・

2階にいるな?

とか

和室にいるな?

とか

あとは、私が寝ている時・・・

布団の足元でずっしりと寝ているのはどっちだ?

とか、いろいろと音で解るんです。

 

何故どっちだ?とまで解るかと言うと

実は同じ首輪でも違う鈴をつけているからなんです

鈴の音でココとスズの判別ができるという訳です。

 

これって意外に便利で安心できるんですよ!

 

ゴムタイプの首輪に注意!

 

また、よく見かける首輪でゴムタイプの首輪がありますが、実はこのゴムタイプにはこのようなリスクもあるんです。

上の写真は外出先で見かけた飼い猫さんです。黒猫もかわいいですね!

しかし!

良く見てみると、胸(胴体)にゴムタイプの首輪がズレてしまっています!

なんとか接触して首に付け替えようとしましたが、どうしても近くに寄れませんでした。

 

おそらく、どこかに首輪が引っかかり、胴までズレてしまったのだと思われます。

このように首輪にもリスクがあるんですね。

猫は狭いところが好きだったり、突起物にスリスリしたりする習性がありますので、首輪をしていると大変なことになり兼ねないのです。

 

セーフティ首輪が安心?

 

今回のスズの付けていた首輪ですが、ちょっとした事で外れてしまうようになったのですが、実はこれくらい緩い方が安全安心かもしれません。

新しいものは結構な力が必要ですので、万が一の時に猫が辛くなるでしょう。

なので、新しいタイプを付け替える時は、安全装置を何度もハメ直して馴染ませておくと良いと思います

 

 

そして今回はココの分も一緒に新しいセーフティ首輪を買い換えました。

どちらも今までのタイプと同じものを買いました。

アメリカンショートヘアーにはヒョウ柄がお似合いなのかなと(笑)

 

鈴の音で猫を判別できる!首輪の鈴を交換しよう!

 

猫を2匹飼っている方におすすめなのは、鈴の音を替えることです!

鈴の音を替える事により、2匹それぞれの位置が解るようになります。

おすすめの方法ですので是非参考にして下さいね!

 

動画でもどうぞ

 

という訳でアメキャッツ家では、安全装置付きのセーフティ首輪を愛用しているよ!

という話でした。

 

ではまた!

コメントお待ちしています。

 

ココとスズの愛用の首輪はこちら!

 

-猫の用品
-

© 2021 アメキャッツblog