【キャットフードの保存方法】酸化や湿気防止に密閉容器で劣化を防いで保管する方法

2018年6月20日

 

キャットフードの湿気対策で有効な保存方法は?

今回は大事なキャットフードの湿気対策についてご紹介いたします。

梅雨時期になると湿気によってカリカリフードは酸化してしまい、フードの風味が落ちて猫たちが食べなくなってしまうことがあります。

特にカリカリフードは普段から密閉容器に保存しておき、風味を落とさずに愛猫に与えられるようにしておきましょう。

今回の記事ではキャットフード(カリカリタイプ)の適切な保存方法を紹介していますので参考になれば幸いです。

 

キャットフードの保存に適した方法

 

キャットフードは1度開封するとジップ付きであってもどんどん劣化が進んでいきます。

ですので開封後はすぐに密閉して空気に触れないようにして保存することをおすすめいたします。

 

ではどのような保存方法があるのでしょうか。

  • ジップロックに入れて保存
  • タッパーに入れて保存
  • 家庭用真空パック器を使って保存

 

このような保存方法が思い浮かぶかと思います。

ですがジップロックの材質はポリエチレンですので空気や酸素を通してしまうし、タッパーも蓋が完全密閉ではありません。

また、家庭用真空パック器を使って小分けにして保存しても結局開封すれば同じことです。

ですので、これらはキャットフードの保存方法には向いておりません。

それでは具体的に説明していきます。

 

キャットフードは湿気による酸化で風味が落ちる

 

キャットフードの保存の仕方によってはカリカリフードが酸化してしまい、風味が落ちて猫さんたちが食べなくなってしまう事があります。

さらにはアメキャッツ家のような2匹飼いで、食べさせるフードの種類が違ったりすると1袋の消費期間が長くなってしまいますので、最低2ヶ月程度はフードの鮮度を保たせる必要があります

 

開封したばかりのフードは食いつきが良い

こんな経験があると思います。

新しいキャットフードを開封して与えると初回の食いつきが今までと明らかに違う

これはまさに今まで与えてきたキャットフードは風味が落ちていたという事になりますね。

こういった行動を注視しているとなんとなく猫の気持ちが理解できるようになります。

 

ではどのような方法でキャットフードの酸化防止を抑制するのかご紹介いたします。

 

キャットフードの保管は完全密閉する事が大事

 

このような密閉容器にキャットフードを移し替え、さらに食品用乾燥剤を入れて保存する事で酸化を防げます。

キャットフードは2キロサイズで購入する方が多いと思われますが、4リットルの密閉びんを購入し移し変えてみます。

 

 

ロイヤルカナンpHコントロール 2キロ

ニュートロ アダルトダック 2キロ

この2種類のフードを4Lびんに入れてみます。

 

フードの質量や形状により入る量は違いますが、残念ながらどちらも4Lびんには入りきれませんでした。

残りはジップロックに入れて先に消費させましょう。

 

 

そしてびんの中に食品乾燥剤シリカゲルを入れ湿気を防ぎます

このびんはもともと梅酒作り用なので密閉性は非常に高く、水を入れて逆さまにしても漏れない構造です。

もちろん臭い漏れも無く完全に空気をシャットダウンしてくれます

しかも、上部の蓋が小さいので、その都度開け閉めしても空気が全体に行き渡りにくいとも言えますので、キャットフードの保存にはガラス製の完全密封タイプが最適だと思います。

 

 

そしてこのびんの収納は紫外線があたらないようにしましょう。

アメキャッツ家では4リットルびん、2リットルびんを使い分けて、2階や別室にも配備しておいています。

また、食品用乾燥剤シリカゲルは近所のドラックストアでも手に入りますが、ネット購入の方が安いので調べてみて下さい。

 

実際に半年間試した感想

セラーメイトのびんで保存して1ヶ月以上経過しても猫たちの食いつきはまったく変わりませんでした。

次に、新しいキャットフードを開封して初回の食いつきですが、これは明らかにというほどではありませんが、やはり若干良かったように感じました。

結論としては、セラーメイトのびんでの保存&食品用乾燥剤が今のところベストという感想です。

今後も続けていこうと思います。

 

これで梅雨時期でも安心して保存できますね。

参考になれば幸いです。

 

密閉容器に移し替える様子は動画でもどうぞ


ご視聴ありがとうございました

 

密閉容器の詳細はこちら

*アメキャッツ家では4ℓびん2つと、2ℓびん2つを使用しています。

*ネットの方がお得です。

 

ではまた!

コメントお待ちしております。

 

-猫のフード
-

© 2021 アメキャッツblog