【猫の膀胱炎】3回目の尿検査でLEUが変化なし!抗生剤は継続か?

2018年8月2日

 

猫の膀胱炎治療の経過報告です。

2回目の検査でストルバイト結晶はほぼ無くなったという事でしたがpHコントロールの療法食は引き続き与えておりました。

今回はLEU(炎症反応)出るのでしょうか?

治療を始めてから40日経ち、経過はどのようになったのか報告いたします。

 

【猫の膀胱炎】3回目の尿検査はいかに!

 

今回も頑張って尿の採取ができたので、病院へ持って行き検査してもらいました。

 

治療から40日目、3回目の検査結果は!

6月7日

6月26日 7月20日

PRO(尿タンパク)

100 30

30

PH(ペーハー)

8.0 7.0 6.5

LEU(白血球)

500 500

500

顕微鏡検査 結晶あり

結晶無し

検査なし

まず、PRO(尿タンパク)ですが、今回も30だったので前回と変わらずです。

次に、PH(ペーハー)ですが、ついに基準値内の6.5まで下がったのでこれは嬉しい!

最後の、LEU(白血球)は500なので1回目の検査から変わらずです。

顕微鏡検査は前回行った結果、結晶はほぼ無くなったという事なので今回は検査していません。

 

今回はpH(ペーハー)が基準値まで改善できたのは良かったです。今後も暫くはpHコントロール療法食を続けていきたいと思います。

尿タンパクと白血球の数値は、炎症反応なので、まだ膀胱炎が治っていないという事になります。

まだ当分は抗生剤の投与は継続となりますね。。。

 

ただ、ココの症状だった粗相や異様な鳴き声はだいぶ減ってきているので少しずつ改善されてきているのかなと思ってます。

 

抗生剤投与が長く続くのにも不安がありますし、毎日飲ませるストレスも心配があるので、早く治って欲しいと願うばかりです。

 

YoiTube動画へは皆様からの暖かい応援コメントを頂きまして本当にありがとうございます。

 

動画はこちら


ではまた!

コメントお待ちしております。

 

*尚、この記事や動画は我が家の飼い猫の病気の記録であり、症状や検査結果や病名に関する全ての文言は保証するものではございません。

-猫の膀胱炎
-, ,

© 2021 アメキャッツblog