猫が柱で爪とぎを止めない理由

2019年1月7日

 

猫が柱で爪とぎをしてしまって悩んでいます。

この柱だけが狙われてこんなにボロボロになってしまいました。

どうしてこの柱だけ爪とぎをされてしまうのでしょうか。

 

猫が柱で爪とぎを止めない理由

 

スズ
だってこの柱を見ると爪をとがずにはいられないんだ!
わかるわかる!この柱で爪とぐと気持ちいいんだよね!
ココ

ポイント

この柱は、先代猫ララの時からせっせと爪とぎをされており、今ではこんな感じにボロボロになってしまいました。

それを受け継いだココとスズは、日常的にこの柱で爪とぎをするようになったのです

 

では何故この柱で爪とぎをするのか?

答えは簡単、爪とぎ条件に適しているからですね。

その条件とは

  • 爪とぎし易い直角の高さ
  • 爪がひっかかるほどボロボロ
  • 爪とぎするならこの柱と決めている

こんな感じでしょう。

 

この柱で爪とぎを止めさせる方法は?

この柱で爪とぎを止めさせる方法は、これしかありません。

爪とぎ条件に適さなくすれば良いのです。

ポイント

猫はツルツルした場所では爪とぎはしません。

爪が引っかからなくては爪とぎになりませんからね。

 

猫が柱で爪とぎを止めさせる方法

ココ
あんたさ、ママの前で爪といじゃダメだよ
なんでだよ
スズ
ココ
毎回怒られるでしょ!
そうか!ママが居ない時にやればいいのか!
スズ

 

猫に長年爪とぎをされた柱はとても危険も伴います。

柱にはささくれができて、手や足に刺さったら大変。

とても素手では触れない状態です。

早急になんとかしなければなりません。

 

以前からアメパパは「DIYで補修する」と言っておりますが、一向に動いてくれないので思い切って催促してみました。

そしてついに作業してくれることになったのです。

 

柱がツルツルになれば猫は爪とぎをしなくなる?

スズ
ボクはツルツルになっても爪とぎするからね!

 

因みにですが、アメキャッツ家には爪とぎグッヅはちゃんと用意しております。

しかもキャットタワーもあるので、他で充分爪とぎできているはずなのです。

 

果たして柱がツルツルになれば爪とぎはしなくなるのでしょうか

 

DIYで柱の補修をした記事はこちら!

【簡単】猫の爪とぎでボロボロになった柱をDIYで補修する方法

  猫の爪とぎでボロボロになった柱をDIYで補修してみました。 柱は補修する事により表面がツルツルの状態に戻るので、猫たちはもうその柱で爪とぎする事はなくなります。 柱の補修をする際には是非 ...

続きを見る

 

キャットタワーの補修の記事はこちら!

【キャットタワー】猫の爪とぎでボロボロになった麻紐を巻き直す方法

猫の爪とぎでボロボロになったキャットタワーの柱の部分を麻紐で巻き直しをしてみました。 麻紐が緩んだまま放置すると猫の体に絡まる危険性があるので早急に対応しましょう。 キャットタワーの爪とぎ柱は2年が限 ...

続きを見る

 

-アメキャッツblog
-

© 2021 アメキャッツblog